研究成果報告

平成21年7月8日弘済会館において、平成20年度の研究助成等についての成果報告会を開催しました。報告会では関係者を含む多数の方に参加いただくとともに活発な質疑が行われました。

〔研究代表者及びタイトル〕

  • 京都大学 谷口 教授
    デジタル道路地図を活用した大規模ネットワークにおける
    所要時間変動を考慮した最適配車配送計画
  • 千葉大学 山崎 教授
    首都直下地震災害による道路交通ネットワークの機能損失予測
  • 北海道大学 加賀屋 教授
    デジタル道路地図活用による震災時帰宅者の支援対策に関する研究
  • 名古屋大学 森川 教授
    プローブカーデータを活用した交通情勢調査における調査単位区間の最適設定
  • 早稲田大学 橋詰 教授
    モービルマッピングシステムと位置が既知の道路地物を用いたトンネルや高架下の道路地物位置標定精度の向上
  • 神戸大学 朝倉 教授
    交通規制情報を付加したデジタル道路地図の作成手法に関する研究
  • 京都大学防災研究所 畑山 准教授
    姉川・高時川下流域における地域間連携を考慮した広域避難に関する研究
質疑応答
会場風景

研究助成制度へ