■■研究助成FAQ■■
Q1
  • 多年度に渡る研究はできるのでしょうか?
  • A1
  • 原則的に年度内の研究とさせていただき、多年度に渡る研究は、別途双方の協議のうえ決定とさせていただきます。
    ただし、助成金は1テーマ1回限りといたします。

  • Q2
  • 複数の支援団体から助成金などの資金を調達しています。その場合はどうなりますか?
  • A2
  • 研究の内容によって切り分けが難しい場合もありますので、その場合は、申請時にその旨を明確にしてください。

  • Q3
  • 応募件数は1件に限定していますか?
  • A3
  • 研究課題に沿っていれば、複数の応募も可能です。

  • Q4
  • 研究助成の対象となる経費、対象とならない経費とはどのようなものでしょうか?
  • A4
  • 助成対象となる経費は、研究計画の遂行に必要な経費(材料費や消耗品等)及び研究成果のとりまとめに必要な経費を対象とします。
    以下の経費は対象となりません。
       @ 研究担当者の人件費、及び建物等施設に関する経費
       A 机、いす、複写機、パソコン等、研究機関で通常そなえるべき物品を購入するための経費
       B 助成研究遂行中に発生した事故・災害等の処理のための経費
       C その他、間接経費を使用することが適切な経費

  • Q5
  • 研究用に貸与していただけるDRMデータベース(協会がパイロット事業で作成した高度デジタル道路地図を含む)とは
    どのようなデータですか?
  • A5
  • 協会が提供しているデジタル道路地図の概要は、本ホームページの「デジタル道路地図データベースとは」をご参照ください。
    パイロット事業で作成した高度デジタル道路地図については、「高度DRMデータベース(平成21年度整備)」をご参照ください。